確定拠出年金

【イデコ】35歳働く女性「積立額は690万円?」iDecoシミュレーション

このブログでは、年収300万円の
35歳女性がイデコに加入したら
積立額はどのくらいなのか?

・最大限度額2万3,000円
・月額1万円

2パターンをシミュレーションします。

<このブログを読むために抑えておきたいこと>
 
◆メリット
メリット1 所得税、住民税が減る
メリット2 運用中に得られる運用益が非課税
メリット3 受け取るときに税制の優遇がある

 
メリットを詳しく知りたい方は、
こちらのブログの「どんなメリットがあるの?」を
お読みください。
 
◆掛け金の拠出はいつまで?
60歳になるまで
※60歳になると加入資格を失う
※加入資格を失うと受け取りが可能

月額2万3,000円積み立てた場合

60歳になるまで加入できますので、
35歳~59歳の25年間加入した場合で
考えていきます。

<拠出できる金額>
 
→月額最大 2万3,000円
→年間最大 27万6,000円
→25年最大690万円

690万円を運用することになります。

メリット1 節税シミュレーション

年収300万円
→年間 4万1,000円
→25年 102万円

※概算です

102万円の節税!

メリット2 運用益

金融商品の運用状況によります。

メリット3 受け取るとき

受け取るときの税制優遇は、
非課税枠があることです。

「退職所得控除」の枠なので、
退職金がある会社の場合は、
その分引いてください。

<非課税枠のカンタン計算>
・加入期間25年
40万円×20年+70万円×(25-20)年=1,150万円

非課税枠は、1,150万円です。

25年間の最大拠出金額は690万円ですので、
このお金を運用して1,150万円までは
非課税で受け取ることができます。

月額1万円積み立てた場合

35歳~59歳の25年間加入した場合で
考えていきます。

<拠出する金額>
 
→月額 1万円
→年間 12万円
→25年 300万円

300万円を運用することになります。

メリット1 節税シミュレーション

年収300万円
→年間 1万8,000円
→25年 45万円

※概算です

45万円の節税!

メリット2 運用益

金融商品の運用状況によります。

メリット3 受け取るとき

積み立てる(拠出)金額に関係なく、
これは共通しています。

<非課税枠のカンタン計算>
・加入期間25年
40万円×20年+70万円×(25-20)年=1,150万円

非課税枠は、1,150万円です。

まとめ

確定拠出年金は老後将来のための制度ですが、
それほどたくさん積み立てられないことがわかります。

所得税と住民税の節税効果が
102万円(45万円)プラスアルファと大きいので、

・節税分を貯めておく
・節税分を別の方法で運用する

といったことをしておくと、
さらにお金を増やすことができます。

女性を対象に個別でマネーセッションをしています。


お気軽にご相談ください^^

関連記事

  1. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】40代パートで働く主婦~iDeCo(イデコ)ケース別編~

    2017年1月から加入対象者が拡大され、一部では話題になっている…

  2. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】40代住宅ローン控除を受けている家庭~iDeCo(イデコ)ケース別編~

    2017年1月から加入対象者が拡大され、一部では話題になっている…

  3. 確定拠出年金

    わからない→わかる!確定拠出型年金を賢く運用する

    2017年1月から個人型確定拠出年金が「iDeCo(イデコ)」とい…

  4. 確定拠出年金

    【イデコ】53歳パート主婦「積立額は193万円?」iDecoシミュレーション

    このブログでは、年収103万円未満の53歳のパート勤めの女性が加入…

  5. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】30代パートで働く主婦~iDeCo(イデコ)ケース別編~

    2017年1月から加入対象者が拡大され、一部では話題になっている…

メルマガ登録

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 考えていること

    貧困格差の理由は収入ではなくお金の発想
  2. お金のハナシ

    1年間で100万円を貯める方法
  3. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】「預金?株式?債券?」あなたに合った資産配分
  4. 暮らしのマネー

    「配偶者控除廃止」の先送りと新案のメリット
  5. お金のハナシ

    「貯蓄から投資へ」の本当の意味を考える
PAGE TOP