確定拠出年金

【確定拠出年金】40代住宅ローン控除を受けている家庭~iDeCo(イデコ)ケース別編~

2017年1月から加入対象者が拡大され、
一部では話題になっている
個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)。

今日は、40代会社員で、
住宅ローン控除を受けている家庭の
ケースで考えていきます。

主婦の方は、まずはご主人が加入することを
検討されるといいのかなと思います。

ご主人がすでに会社で「企業型」の
確定拠出年金に加入している場合、
この「個人型」にも加入することで、
年金の上乗せができます。

<このブログを読むために抑えておきたいこと>
 
◆メリット
メリット1 所得税、住民税が減る
メリット2 運用中に得られる運用益が非課税
メリット3 受け取るときに税制の優遇がある

 
メリットを詳しく知りたい方は、
こちらのブログの「どんなメリットがあるの?」を
お読みください。
 
◆掛け金の拠出はいつまで?
60歳になるまで
※60歳になると加入資格を失う
※加入資格を失うと受け取りが可能

では、さっそく見ていきましょう。

住宅ローン控除を受けている40代会社員【その1】

子どもがいない夫婦の場合

住宅ローン控除を受けている場合、
メリット1の所得税が減るメリットは
ない人が多いですが、住民税の節税効果はあります。

============
住宅ローン控除とは・・・
住宅ローンの残高に対して
一定の率が税額控除される仕組み
============

メリット2の運用中に得られる運用益が
非課税という恩恵は受けられます。

メリット3の税制の優遇の中の
「退職所得控除」で受け取ると
恩恵を最大限に受けられます。

なので、「退職所得控除の非課税枠」
考えて加入することもアリかもしれません。

「退職所得控除の非課税枠」とは?

少し難しく見えますが・・・

60歳以降に年金を受け取るときに、
税金がかかるところ → 一定の額を非課税
受け取ることができます。

その非課税の枠が、退職所得控除で、
その額は加入期間の長さによってちがいます。

例1:加入期間15年の場合
40万円×15年=600万円
非課税枠は、600万円です。

例2:加入期間10年の場合
40万円×10年=400万円
非課税枠は、400万円です。

どうしたらいいの?

メリット1の部分は、住宅ローン控除があるので、
そこまで恩恵を受けられません。

なので、住宅ローン控除が終わった後、
加入する選択肢もありますね。

※住宅ローン控除は10年

とは言っても、節税の効果はゼロではありません。

掛け金が用意できるようでしたら、
加入期間を一年でも長くすることで
メリット3の非課税枠を多くする、という考え方もあります。

住宅ローン控除を受けている40代会社員【その2】

子どもがいる(教育費がかかる)場合

子どもがいて教育費もかかるので、
すぐには掛け金を用意できない場合は、
住宅ローン控除で所得税控除を受けているので、

このタイミングでは、
いったん保留でいいかもしれません。

また、子どもの進路によっては、
今後さらに教育費がかかるので、
無理に加入する必要はないと思います。

どうしたらいいの?

会社で「企業型」の確定拠出年金に入っている場合は、
あなたの今の資産状況に合った内容で、
配分を見直してみるのもいいかもしれません。

例えば、「元本保証商品」の割合を減らす、
またはゼロにして株式や債券に変えるなど
検討してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 確定拠出年金

    【イデコ】53歳パート主婦「積立額は193万円?」iDecoシミュレーション

    このブログでは、年収103万円未満の53歳のパート勤めの女性が加入…

  2. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】50代パートで働く主婦~iDeCo(イデコ)ケース別編~

    2017年1月から加入対象者が拡大され、一部では話題になっている…

  3. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】主婦・サラリーマン家庭「加入すると年金はどうなる?」

    確定拠出年金は「節税」「運用益非課税」「税制優遇」など税金のメ…

  4. 確定拠出年金

    イデコってめんどくさいと思っているあなたへ

    「節税効果がある」「自分年金が作れる」とは言っても、どこの銀行にし…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. 暮らしのマネー

    毎月いくら貯金したら良い?
  2. 暮らしのマネー

    【配偶者控除】150万円以下で決着「女性の労働時間は増えるのか?」
  3. お金のハナシ

    お金の不安の正体
  4. お金のハナシ

    VALUで負ける人の特徴
  5. 老後資金・老後生活

    【老後資金】貯蓄と投資以外で解決する方法を考える
PAGE TOP