確定拠出年金

【確定拠出年金】「預金?株式?債券?」あなたに合った資産配分

イデコが自分にとってメリットのある
制度だというのはわかったけれど、

では、どんな種類の金融商品を
どんな配分で購入したらいいのか?

考えてしまうところだと思います。

具体的な金融商品を決める前に、
決めたいこと。

それは資産配分です。

ポートフォリオとも言われます。

今日は、どんな資産配分にしたらいいのか、
あなたに合った内容を考えていきます。

攻める?守る?3パターン

実際はもっと細かく分けることができますし、
ファイナンシャルプランナーによって
大きく変わるところですが、

できるだけ制度の恩恵を受けながら、
活用していきたいので、
一般的な考えより少し攻めの内容になっています。

資産配分の3パターン

一つずつ見ていきますね。

1.守りの3種

元本確保型+株式+債券

グラフの左下です。

預金などの元本確保商品を組み入れて、
株式と債券も持つパターンです。

損失を避けたいと思うと、
リターンも小さくなりますが、

資産運用が初めての方はここからスタートして、
その後、資産配分を変えることもできます。

2.攻めのフィフティ・フィフティ

株式+債券

グラフの真ん中です。

元本確保型は入れずに、株式と債券で
運用していきます。

投資信託なので、元本保証はされていませんが、
だからといって、理論上0円になることはないです。

3.攻めの上級者運用

株式多め+債券

グラフの右上です。

損失の可能性が大きい分、
うまくいくとリターンも大きいです。

積極的に運用していきたい上級者の方は、
株式を多めにして考えてみるといいでしょう。

株式、債券、その中身は?

株式と一口に言っても、
国内株式もあれば外国株式もあります。

債券も同じで、
国内債券もあれば外国債券もあります。

それぞれの、リスク=振れ幅を見ていきます。

国内債券<外国債券<国内株式<外国株式

そして、REIT(不動産)の順に、
リスクが大きくなっていきます。

REIT(不動産)は、投資用の不動産を持っていない方や、
さらに積極的に運用していきたい方向けです。

プチ知識

外国債券の外国も2種類の分けることができます。

●先進国
アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、
イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、
オーストラリア、ニュージーランドなど

●新興国
ブラジル、ロシア、インド、中国、
南アフリカなど

リスク=振れ幅は、先進国<新興国です。

新興国の方がリスクがあります。

※リスクは危険ではなく、振れ幅です

資産配分を考えるときの注意点

「iDecoイデコを始めよう!」と思って、
資産配分について考えるとき、
注意したいことがあります。

それは、あなたのお財布全体で考えることです。

iDecoイデコだけで資産配分を考えるのではなく、
貯金がある方や、すでに資産運用している方は、
それも含めて考える必要があります。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 確定拠出年金

    わからない→わかる!確定拠出型年金を賢く運用する

    2017年1月から個人型確定拠出年金が「iDeCo(イデコ)」とい…

  2. 確定拠出年金

    イデコってめんどくさいと思っているあなたへ

    「節税効果がある」「自分年金が作れる」とは言っても、どこの銀行にし…

  3. 確定拠出年金

    【イデコ】40歳会社員女性「積立額は550万円?」iDecoシミュレーション

    最近は、テレビCMでも見かけるようになり、本屋さんにも「イデコ」の…

  4. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】50代パートで働く主婦~iDeCo(イデコ)ケース別編~

    2017年1月から加入対象者が拡大され、一部では話題になっている…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. 主婦のお金・時間のこと

    主婦のストレス「夫・子ども問題」から解放されたくありませんか?
  2. 暮らしのマネー

    節約思考の罠
  3. お金のハナシ

    お金の錯覚「1,000円の価値は一定ではない?」
  4. 確定拠出年金

    【イデコ】50歳以上の女性はメリットがない?始めた方がいいのはこういう女性
  5. 考えていること

    言い訳の天才を卒業する
PAGE TOP