暮らしのマネー

手取りが下がってしまう?「新106万円の壁」

2016年10月~一部のパート主婦の方に
社会保険料負担のライン、
「新106万円の壁」ができます。

これにより、手取りが減って
しまう人もいます・・・

社会保険適用対象のパートタイマーには、
条件があります。

1. 勤務先が従業員501人以上の企業
2. 勤務時間が週20時間以上
3. 1カ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
4. 勤務期間が1年以上見込み
※学生は対象外

今まではどうだったかというと、

パートタイマーは、所定労働時間が
通常の就労者の約4分の3
(おおよそ週30時間)以上でなければ、
社会保険の加入対象とはなりませんでした。

そのラインは、よく言われる
「130万円の壁」です。

その壁が「106万円」になるというイメージです。
※106万円には交通費は含みません

負担するようになる社会保険とは?

健康保険と厚生年金です。

健康保険は、病院を受診したときに
3割負担していますよね。

厚生年金は、ご存知、将来受け取る公的年金です。

社会保険を負担したくない!

できれば「社会保険を負担したくない」
という人もいると思います。

その場合は、こんな方法があります。
・働く時間を減らして年収106万円未満に調節する
・従業員500人以下の企業に転職する

でも・・・この制度は、将来的に、
従業員500人以下の企業でも検討されます^^;

お得に働きたい!

引かれるお金はできるだけ
少ない方がいいけれど、

最終的には、
自分にとっても、家計にとっても、
お得に働きたいですよね^^

手取りを増やしたい

今まで年収130万円の壁を気にして、
例えば120万円にセーブして働いていた人は、

140万円、150万円と収入を増やすと、
それだけ手取りが増えます。

今までと同じペースで働きたい

例えば年収120万円だった人が、
今までと同じペースで働いた場合、

社会保険料の負担により
手取りが減ってしまいます。

働く時間を増やさず、
なるべく今までと同じペースで働きたい人は、
103万円以下をオススメします。

年収120万円の場合、
所得税と社会保険、介護保険(40歳以上)が
引かれて、手取りが約100万円
なってしまう計算ですので^^;

社会保険の負担によるメリットは?

目先の手取りを計算すると、
社会保険料の負担は
損をしている気分になりますが、
メリットもあります^^

傷病手当が給付される

病気やケガで長期間、
会社を休むことになったら、
傷病手当が給付されます。

会社を休んで3日経過し、
4日目から傷病手当が支払われます。

年金額が増える

自分で厚生年金を払った分、
国民年金に上乗せされるので、
受給額が増えます。

長い目で見ると、支払額より
プラスになります。

まとめ

いろいろお話しましたが、
最後にどんな働き方をしたら良いか、
まとめました^^

手取りを増やしたい

→働く時間をセーブせず140万円、150万円と収入を増やす

今までと同じペースで働きたい

→103万円以下に調整して働く

ただし・・・配偶者控除も
廃止の話も出ています。

その場合、103万円のラインで
働いていた人も見直しが必要になりそうです。

ということで、もう一つの選択肢を用意しました。

法律や制度に左右されたくない

→自分で収入を得る道を選ぶ

そんな道もあります!

実際のところ、
「これからは、年収150万円分働きたいです」
「手取りが減るので、働く時間を減らしたいです」

と言ったあなたの希望が通るとは
限らないですよね?

しかもこの先、まだ制度が変わるかもしれない。

そのたびに、計算して、働き方を見直し、
職場で調整する。

精神的な負担も大きいと思います。

すぐにではなくても、
今後のために新しい働き方を
考えてみるのもいいかもしません。

あなたに合った働き方が
見つかりますように^^

◇オススメ記事
【配偶者控除】150万円以下で決着「女性の労働時間は増えるのか?」

関連記事

  1. 暮らしのマネー

    収入が増えてもお金が手元に残らない理由

    「お給料が上がれば貯蓄できるのに」「あと10万円あったら投資できるのに…

  2. 暮らしのマネー

    キャリアのアドレスを残して、通信費を抑える方法

    格安スマホを使って通信費を抑えたいと思っても、格安スマホの…

  3. 暮らしのマネー

    配偶者控除廃止から見る「本音と建て前」

    配偶者控除を見直して、廃止を検討する動きが出ています。(ようや…

  4. 暮らしのマネー

    本当にお得?格安スマホ、格安SIM

    一回持ってしまったら手放せないスマホやケータイですが、その通信…

  5. 暮らしのマネー

    節約思考の罠

    支出を抑える方法は、・食費などの変動費を減らす・家賃などの…

  6. 暮らしのマネー

    【配偶者控除】働き損を避けてお得に働く「150万円の壁」

    配偶者控除103万円以下→150万円以下の新案がスピード決着しまし…

メルマガ登録

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

  1. 保険

    【傷病手当】病気やケガで会社を休んでも無収入にならない
  2. 投資・資産運用

    投資信託はアリだけど、そのメリットはデメリットでもある
  3. 政治・経済のこと

    今さら聞けない「日経平均株価」
  4. お金のハナシ

    お金の教育を受けていたらお金持ちになっていたのか?
  5. 確定拠出年金

    【イデコ】53歳パート主婦「積立額は193万円?」iDecoシミュレーション
PAGE TOP