お金のハナシ

お金の勉強をしてこなかったあなたへ~もう一つの勉強法~

お金の勉強してこなかったあなたへ」の番外編です。

本編はこちらから↓↓

本編では、読書のススメをしているのですが、
お金の勉強をするために、こんな方法もあります。

FP3級の資格を取ってみる

幅広く学べるので自分の興味も知ることができます。

内容はこんな感じです。

1.ライフプランニングと資金計画
2.リスク管理
3.金融資産運用
4.タックスプランニング
5.不動産
6.相続・事業承継

やるなら体系的に、できれば本格的に
始めたいという方もいると思います。

公的年金や保険、人によっては住宅ローンなど
自分に置き換えて考えることで、より具体的になります。

目的は、資格を取ることより、お金のことを知ること。

そんな視点で取り組んでみるといいのかなと思います。

どんなことが身に付くの?

今までお金の勉強をしなかったとして、
FP3級の勉強をするとどんなことが身に付くのか、
簡単に・・・^^

1.ライフプランニングと資金計画

社会保険や年金、住宅ローンといった
日々の身近なお金のことが扱われています。

知っておいた方がいいと思っても、
社会人になってからこういうことを
学ぶことがないと思うので、

これをきっかけに仕組みを知るのも
いいのかなと思います。

2.リスク管理

保険のことを知ることができます。

生命保険を売りたい保険屋さんからの情報ではなく、
種類や仕組みが全体的にわかるようになると思います。

あなたに必要、不要も含めて、
判断する基準が持てるのは大きいでしょう。

3.金融資産運用

株式、債券、投資信託など
これから資産運用したい人には
興味のある内容ですね。

楽しく学べるテーマになるのでは。

4.タックスプランニング

ザ・税金の話です。

こんなに多くの税金の種類があることに
驚くかも・・・

損益通算できる税金もあるので、
知っておいて損はありません。

5.不動産

不動産の取引、譲渡、賃貸といった内容です。

家を買う人、買っている人はもちろん、
賃貸の人も「こんな権利があるのか~」と
発見があると思います。

6.相続・事業承継

贈与や相続についてです。

自分の親からの相続やご主人の相続、
自分の子どもへの相続など、
あなたにも大いに関わってくるテーマです。

以上です。
 
 
もっと詳しく知りたい方は、
日本FP協会のHPをご覧ください。
https://www.jafp.or.jp/exam/subjects_03/

最後に

「お金の勉強を始める」と言っても
やり方は複数あります。

今すぐ支出を減らしたいと思ったら、
スマホなどの通信費を見直す、

すぐ使わないお金があって
先々のために運用したい場合は、
イデコやNISAを始める、

と、今あなたがしたいことを
実践することが一番ですが、

「もっと、こう・・・
そうじゃなくて・・・」

というタイプの方もいると思います。

そういう方は、
FP3級からスタートしてみることも
いいかもしれません。

「資格を取っても意味がない」と
言われることもありますが、

ファイナンシャルプランナーの資格は、
あなた自身に使えますし、
家族にも教えることができます。

もちろん、資格を取ることがゴールではなく、
実践してこそですが・・・^^

スポンサーリンク

関連記事

  1. お金のハナシ

    副業のリスクと働く女性のもう一つの収入源の作り方

    収入源は複数あった方がいいですよね。ですが、この収入源の"…

  2. お金のハナシ

    起業女子に役立つお金 -補助金・助成金-

    起業時は何かとお金がかかりますが、借りたら返さないといけませんし、…

  3. お金のハナシ

    お金の不安を解消するためには

    お金のことで不安になるのは、「わからないから」です。人はわ…

  4. お金のハナシ

    あなたのそれは、投資ですか?

    お金の使い方は3種類あります。投資、消費、浪費です。そ…

  5. お金のハナシ

    お金の不安の正体

    「この先、いくらかかるのか、わからない」これがお金の不安の正体です…

  6. お金のハナシ

    お金の錯覚「1,000円の価値は一定ではない?」

    1,000円は1,000円で、いつでも同じ、誰でも同じ価値のように…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. お金のハナシ

    正しいお金の使い方はこの3つ
  2. 保険

    保険は貯蓄ではありません
  3. お金のハナシ

    お金の不安の正体
  4. 保険

    保険の見直し、新規加入前に知っておきたいこと
  5. 考えていること

    【貧困格差】その理由は発想とお金の使い方
PAGE TOP