老後資金・老後生活

わかる!国民年金(老齢基礎年金)の計算方法

「将来、年金はいくら受け取れるの?」
ということは、知っておきたいですよね。

今日は、
国民年金からの給付→老齢基礎年金
についてご紹介します。

老齢基礎年金を計算してみる

支給要件
保険料納付済期間と
保険料免除期間の合計が25年以上

支給開始年齢
原則として65歳

20歳から60歳になるまでの40年間の
全期間保険料を納めた方は、
65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。
 
保険料を全額免除された期間の年金額は1/2
(平成21年3月分までは1/3)となりますが、
保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。
 
(日本年金機構HPより引用)

老齢基礎年金の平成28年度の満額は
780,100円です。

この780,100円は、
20歳から60歳まで40年間、
保険料を納めた人に給付される金額です。

保険料を納めた期間や、
免除を受けた期間によって、
もらえる年金額が変わってきます。

780,100円 × 保険料納付済月数
       40年×12ヵ月

35歳から25年間納めた人

今までいろいろあって滞納してきたとします。

でも35歳から25年間納めると・・・

780,100円 × 25年×12ヵ月=487,600円
       40年×12ヵ月

※平成28年度の金額

年間で、約48万円の給付が受けられる計算です。

保険料の免除制度を利用していた人

免除には、4パターンあります。

・全額免除
・3/4免除(1/4納付)
・半額免除(半額納付)
・1/4免除(3/4納付)

免除制度を利用していた期間も、
年金額に反映されます。

780,100円×〔保険料納付月数+(保険料全額免除月数×8分の4)+(保険料4分の1納付月数×8分の5)+(保険料半額納付月数×8分の6)+(保険料4分の3納付月数×8分の7)〕/加入可能年数×12

※ただし平成21年3月分までは
以下のとおり計算されます。

・全額免除 →2/6
・1/4納付 →3/6
・半額納付 →4/6
・3/4納付 →5/6

後から保険料を払いたい

ワケあって、納められなかった国民年金保険料を
「やっぱり払っておきたい」という方へ。

過去5年分まで国民年金保険料が納められる
後納制度があります。

ただし、この制度には期限があり、
平成27年10月から平成30年9月までです。

後納制度のメリット

・年金額が増える
・納付期間不足で年金受給資格がなかった方が資格を得られる

お問い合わせ先
・最寄りの年金事務所
・国民年金保険料専用ダイヤル

※国民年金保険料専用ダイヤルは、
国民年金機構HPの「お問い合わせ先」
ご確認ください

今すぐ知りたい

計算がメンドウ・・・
問い合わせは時間外・・・

「とにかく今すぐ年金額を知りたい」
という方は、

年に1回届く「ねんきん定期便」をご覧ください^^

50歳未満の方は、これまでの加入実績に
応じた年金額
を知ることができます。

50歳以上の方は、老齢年金の年金見込額
知ることができます。

35歳、45歳、59歳の方

封書の「ねんきん定期便」が届きます。

上記以外の方

ハガキの「ねんきん定期便」が届きます。

おわりに

「年金制度は破綻するー!!」という
専門家もいますが、

個人的には破綻しないと考えています。

破綻が、1円も支払われない状態を言うのか、
支給額が大幅に減ることを言うのか、
にもよりますが・・・^^;

支給額が減ってしまうことは
考えられますが、

自分の年金額がいくらなのか、
知っておくことは大事です。

そして、年金では足りない部分は
今から備えをしておきたいですね^^

◇オススメ記事
1年間で100万円を貯める方法
ゆとりある老後「毎月いくら貯蓄すれば安心?」
老後最低限の生活費「赤字にならない?」

スポンサーリンク

関連記事

  1. 老後資金・老後生活

    老後最低限の生活費「赤字にならない?」

    前回は、ゆとりある老後「毎月いくら貯蓄すれば安心?」というテー…

  2. 老後資金・老後生活

    【老後資金】貯蓄と投資以外で解決する方法を考える

    老後資金というと公的年金だけには頼れないので貯蓄が必要ですが、…

  3. 老後資金・老後生活

    【老後資金】生活費以外にかかるお金はいくら?

    一体いくらかかるのか?気になる老後将来の資金問題。老後の最…

  4. 老後資金・老後生活

    ゆとりある老後「毎月いくら貯蓄すれば安心?」

    "知る"ことが第一歩^^今日はちょっとしたマネー講座のような…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. 老後資金・老後生活

    【老後資金】生活費以外にかかるお金はいくら?
  2. 考えていること

    自分の人生は自分の足でしか歩めない
  3. 政治・経済のこと

    今さら聞けない「日経平均株価」
  4. 老後資金・老後生活

    【老後資金】貯蓄と投資以外で解決する方法を考える
  5. 主婦のお金・時間のこと

    あなたは大丈夫?お金の生活習慣病-思考編-
PAGE TOP