暮らしのマネー

「配偶者控除廃止」の先送りと新案のメリット

女性の就労促進のために、
配偶者控除の見直しが
ずっと言われてきていて、

いよいよ具体的に動くのか?
と思ったら、先送りになりました。

所得税抜本改革先送りへ 政府・与党、夫婦控除踏み込まず
(2016.10.06ヤフーニュース)

そもそもどんな話だったかというと、

「女性が就業調整を意識せずに
働くことができるようにするなど、
多様な働き方に中立的な仕組みを
つくっていく必要がある」

ということで、
配偶者控除の廃止が検討されていました。

先送りの理由

上のリンク先にも書かれていますが、
「総選挙や都議選をにらんで」です。

もう少し言ってしまえば、

国は、女性に活躍して
輝いている人生を
歩んでほしいのではなく、

増税して税収を
アップしたいのですが、

選挙があるかもしれないので、
ここはいったん先送りが
良いだろうと判断した

ということでしょう。

わたしたちにメリットのある方向に?

その代わり、
今検討されているのが、
年収上限の上限引き上げ案です。

例えば、夫がサラリーマンで、
妻がパートタイマーの場合、

妻の年収が103万円
(所得38万円)以下での場合、

夫の所得から38万円、
差し引くことができます。

この妻の年収103万円を
150万円程度引き上げる案
出ていて、今後の動きに注目です。

配偶者控除を受けるために、
103万円までに抑えて
働いている方もいますので、

この上限が引き上げられると、
夫の税負担はそのままになり、
単純に妻の手取りが増えますね。

本当に女性に社会で活躍してもらいたいなら

「女性の就労促進」
という建前で、

配偶者控除の廃止が
検討されていましたが、

本当に、もっと女性に
働いてもらいたいなら、

配偶者控除の上限引き上げは、
働く側にはうれしいニュースに
なりますね。

所得税がかかるものの、
手取りが増えますし、
仕事も(今以上に)やる気に
なるかもしれません^^
 
 
◇オススメ記事
配偶者控除廃止から見る「本音と建て前」
【配偶者控除】150万円以下で決着「働く女性は増えるのか?」

57_c_200_3

スポンサーリンク

関連記事

  1. 暮らしのマネー

    国民年金の損得計算は意味ない?

    国民年金を何年受給したら、元が取れるか?と考える人がいます。…

  2. 暮らしのマネー

    節約思考の罠

    支出を抑える方法は、・食費などの変動費を減らす・家賃などの…

  3. 暮らしのマネー

    収入が増えてもお金が手元に残らない理由

    「お給料が上がれば貯蓄できるのに」「あと10万円あったら…

  4. 暮らしのマネー

    本当にお得?格安スマホ、格安SIM

    一回持ってしまったら手放せないスマホやケータイですが、その通信…

  5. 暮らしのマネー

    効果的に支出を抑える方法

    感情に左右されないで、継続的に支出を抑える効果が得られる方法が…

  6. 暮らしのマネー

    手取りが下がってしまう?「新106万円の壁」

    2016年10月~一部のパート主婦の方に社会保険料負担のライン、…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. 考えていること

    お金のモヤモヤをスッキリさせる3ステップ
  2. 暮らしのマネー

    毎月いくら貯金したら良い?
  3. 暮らしのマネー

    賃貸vsマイホーム論争に決着
  4. 老後資金・老後生活

    【老後資金】貯蓄と投資以外で解決する方法を考える
  5. 暮らしのマネー

    収入が増えてもお金が手元に残らない理由
PAGE TOP