政治・経済のこと

ドゥテルテ大統領の華麗なる資金調達

過激な発言や行動でニュースになっている
フィリピンのドゥテルテ大統領が
10月25日~27日まで、日本に訪問していました。

外国企業は出ていけ、とか
アメリカ人はクレイジーだ、とか
言っている一方で、

親日家と報道されたり、

「ときが来たときには
日本の側に立つ。
安心してほしい」

と日本人にとっては、
意外にイイ人のように映りました。

南シナ海問題「日本の側に立つ」、ドゥテルテ氏が安倍首相と会談
ロイター

日本人として親日家と聞くと
うれしいですね。

今日は、
ドゥテルテ大統領の
華麗なる資金調達を
見ていきたいと思います。

目的はお金

訪日にはもちろん目的があり、
それはもちろんお金であり、
見事、213億円ゲットされました。

そのほか、船や農業支援も
日本から受けることが決まりました。

メディアでは、「約213億円の円借款」と
報道されています。

円借款(えんしゃっかん)とは?

低い金利で、長い返済期間での融資です。

ニュースで、サラッと
「213億円の円借款」と
伝えていましたが、

“円借款”って・・・??と
思っていた方も多いはず。

・低い金利
・長い返済期間

フィリピンにとって
とても良い条件で
日本はお金を貸しました

ということです。

中国が黙っていない

さて、フィリピンのドゥテルテ大統領は、
日本の前に中国にも行っています。

10月25日の訪日が決まってから、

中国が
「日本より先に、うちに来て!」と
熱烈ラブコールをおくったとか、
おくらないとか。

ということで、大統領は
日本より前に、10月18日から
中国に訪問していました。

そして、2兆5000億円の経済援助の
約束を取りつけました。

(ただし、フィリピンと中国には
南シナ海問題があるので、

その様子を見ながら
中国は支援をするそうです)

最後に

戦略家とも言われる大統領ですが、
過激な発言や行動で注目されるだけでなく、
国民のために他国からお金を引き出す
という成果を持ち帰りました。

(低い金利で、長い返済期間の融資は、
借りる側からするとかなり良い条件だと
わかりますよね^^)

大統領は日本に来る2日前に、

「日本での話し合いがうまくいき、
25年以内に償還すればよい
ソフトローン(返済条件が緩やかな融資)を
得ることを期待している」

と演説していたので、
(日本にアピール!)
213億円ゲット、有言実行ですね。

フィリピンのドゥテルテ大統領、好条件融資を日本に期待
朝日新聞デジタル

わたしたち女性個人が、
過激な発言や行動で注目され、
高度な交渉術で
お金を良い条件で借りるのは、
難しいですが・・・(笑)

*女性が知っておきたいお金のこと*
57_c_200_4

スポンサーリンク

関連記事

  1. 政治・経済のこと

    今さら聞けない「日経平均株価」

    写真は、ニューヨークですが・・・(笑)  「日経平均が16…

  2. 政治・経済のこと

    今さら聞けない「円高、円安」

    テレビやネットニュースで、「円高」「円安」とよく聞くと思います。…

  3. 政治・経済のこと

    「老後のためにお金を増やす」と「年金財政健全化」の共通点

    国の年金財政と聞くと、「直接関係なさそうだし・・・」「よく…

  4. 政治・経済のこと

    知っているつもりが一番損をする

    「できるだけ安く」「できるだけお得に」または、「絶対損…

メルマガ登録

スポンサーリンク

  1. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】40代住宅ローン控除を受けている家庭~iDeCo(イデコ)ケース…
  2. 暮らしのマネー

    【配偶者控除】150万円以下で決着「女性の労働時間は増えるのか?」
  3. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】「無料じゃないの?」これだけかかる手数料~iDeCo(イデコ)基…
  4. お金のハナシ

    正しいお金の使い方はこの3つ
  5. 投資・資産運用

    投資で失敗しないために大事なたった1つのこと
PAGE TOP