暮らしのマネー

収入が増えてもお金が手元に残らない理由

「お給料が上がれば貯蓄できるのに」「あと10万円あったら投資できるのに」

と思っていて、実際、臨時収入があったり、お給料が上がっても、

「あれ?思ったより手元に残っていない」という経験、ありませんか?

わたしは、ありました・・・^^;

収入が増えると支出も増える

こんな法則があります。

<パーキンソンの法則>
第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

パーキンソンの法則は、

英国の歴史学者・政治学者
シリル・ノースコート・パーキンソン
(英語版)の著作

『パーキンソンの法則:進歩の追求』、
およびその中で提唱された法則である。

(Wikipediaより引用)

 

第1法則は、仕事の話で、ブログや本でも良くとりあげられています。

今日は第2法則の方を。

「支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」

収入が増えると、支出も増えますよね^^;

支出が増えてしまうのは、生活水準が上がってしまうからです。

これが、収入が増えても、思ったよりもお金が手元に残らない理由です。

それはまた、「収入」にばかり意識が向いているからとも言えます。

「支出」も同時に考えていかないと、お金は貯まりません・・・

お金を管理する能力が大事ということですね。

お金を貯める

収入から生活費などを引いて、残ったお金を貯めようとして、なかなかうまくいかない方は、投資のためでも貯蓄のためでも、
決めた金額1万円、5万円を「支出」として、収入から最初に引いてしまうというのも一つのやり方です。

例えば月5万円で、年間60万円貯まります。

10年間で600万円。

給与天引きでも、自分で管理していても、使う前に引いてしまう!^^

そうすることで、自動的にお金が貯まっていきます。

幸せを感じられる生きたお金の使い方は3つある前のページ

死ぬまでに必要なお金はいくら?次のページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. 暮らしのマネー

    死ぬまでに必要なお金はいくら?

    これから死ぬまでにかかるお金は一体いくらなのか?老後だけで…

  2. 暮らしのマネー

    【配偶者控除】150万円以下で決着「女性の労働時間は増えるのか?」

    スピード決着でした。配偶者控除ですが、年収103万円以下→…

  3. 暮らしのマネー

    キャリアのアドレスを残して、通信費を抑える方法

    格安スマホを使って通信費を抑えたいと思っても、格安スマホの…

  4. 暮らしのマネー

    【傷病手当】病気やケガで会社を休んでも無収入にならない

    こんなテレビCMがあります。子どもを連れた女性が「あなた!」と慌て…

  5. 暮らしのマネー

    家計簿でマネーコントロール

    お財布事情がよい状態なのか?イマイチなのか?お金を管理…

  6. 暮らしのマネー

    生きるのに必要なお金はいくら?計算してみました

    2015年のデータを元にした記事がこちらですが、201…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】3つの基準で考える「得する女性・損する女性」
  2. 政治・経済

    今さら聞けない「日経平均株価」
  3. お金のハナシ

    1年間で100万円を貯める方法
  4. お金のハナシ

    「お金に愛される?」お金は紙切れなのに、愛されようとする矛盾
  5. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】無料じゃない?これだけかかる手数料~iDeCo(イデコ)基礎編~…
PAGE TOP