暮らしのマネー

効果的に支出を抑える方法

感情に左右されないで、
継続的に支出を抑える効果が
得られる方法があります。

それは、家賃、ケータイ料金、
保険料などの固定費を見直すことです。

固定費を徹底的に見直すことで、
長期的に、しかもオートマチックに
支出を抑えることができます。

固定費の見直しが効果的な理由

固定費は一度下がると、
そのまま継続されて、
モチベーションが下がったとしても
左右されません。

また、固定費はその性質から、
引き落としの場合も多いと思います。

スーパーでの買い物のように
毎回レジでお金を払うのとは違い、
手続きが必要になるので、

一回手続きをしてしまえば、
自動的に継続されます^^

10万円以上も可能!?

例えば、ケータイのプランを見直して、
月1万円下がると、年間12万円です。

家賃を見直して、
月2万円下がると、年間24万円です。

また、保険料の見直しも家計に大きな
効果を与えてくれることがあります。

不安をあおられて
契約してしまった医療保険、本当に必要ですか?

月々の支払をそのまま貯金すれば、
満額自分のものですよ^^

日本には、国民皆保険制度がありますので、
実はそんなに不安になることはありません。

固定費をもっと教えて

固定費は、
家賃・住宅ローン・自動車関連費用
公共料金(電気・水道・ガス)
ケータイ料金・インターネット回線・
プロバイダ料金・保険料・教育費があります。

一度、徹底的に見直してみると良いと思います。

その効果は思っている以上ですよ^^

「わたしの場合はどうしたら良い?」
とわからない方は、相談にのります。

くわしくはこちらまで
クリックしただけではお申込みに
なりませんので、お気軽に☆

57_c_200

 

 

 

節約思考の罠前のページ

貯金だけで備えるには、毎月いくら貯金したら良い?次のページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. 暮らしのマネー

    保険は貯蓄ではありません

    保険商品は保険であって、貯蓄ではありません。「貯蓄にもなるし・…

  2. 暮らしのマネー

    死ぬまでに必要なお金はいくら?

    これから死ぬまでにかかるお金は一体いくらなのか?老後だけで…

  3. 暮らしのマネー

    生きるのに必要なお金はいくら?計算してみました

    2015年のデータを元にした記事がこちらですが、201…

  4. 暮らしのマネー

    「配偶者控除廃止」の先送りと新案のメリット

    女性の就労促進のために、配偶者控除の見直しがずっと言われてきて…

  5. 暮らしのマネー

    医療保険は本当に必要?

    医療保険に入っていないと不安で不安で眠れない人は入った方が良いですが、…

  6. 暮らしのマネー

    賃貸vsマイホーム論争に決着

    すでに、素敵なマイホームにお住まいの方ではなく、「賃貸とマイホーム、ど…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 考えていること

    自分の人生は自分の足でしか歩めない
  2. 暮らしのマネー

    キャリアのアドレスを残して、通信費を抑える方法
  3. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】「預金?株式?債券?」あなたに合った資産配分
  4. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】3つの基準で考える「得する女性・損する女性」
  5. 老後資金・老後生活

    【老後資金】貯蓄と投資以外で解決する方法を考える
PAGE TOP