暮らしのマネー

保険は貯蓄ではありません

保険商品は保険であって、貯蓄ではありません。

「貯蓄にもなるし・・・」と思って保険を検討中の方は、参考にしていただければと思います。

見えにくいのですが・・・保険は手数料がかかっています。

貯蓄としては非効率です。

また、普通預金、定期預金は、ペイオフという預金保護の仕組みがあり、金融機関が破たんした場合、預金者を保護する制度があります。

金融機関ごとに預金者一人あたり、元本1,000万円と利息が保護されますが(※外貨預金は対象外)、保険は、このような仕組みはありません。

あまり語られませんが、保険会社の破たんのリスクがある、ということです。

保険会社が破たんしたら?

とは言え、ゼロ円になってしまうのではなく、破たんしたときの補償対象契約の責任準備金の90%までが保護されます。

(責任準備金はこのあと説明します)

注意しなくてはいけないのが、保険金額の90%ではないということです。

そして、90%までなので、90%完全に保護されるとは限りません^^;

責任準備金とは?

責任準備金は、次の式で表せます。

責任準備金 = 将来の保険金(給付金)の予定額 - 将来受け取る保険料収入

責任準備金は、将来保険会社が支払う保険金や給付金の予定額から、将来保険会社が受け取る予定の保険料収入を差し引いて求められます。

何だか、難しくなってきましたね(笑)

まとめると・・・

保険は、ペイオフ(預金保護)のような仕組みがありません。

保険会社が破たんするリスクがあり、保険会社が破たんした場合、責任準備金の90%までが保護されますが、90%保護されるのではなく、90%までです。

また、責任準備金は保険金額ではないので、注意が必要です。

ということで、保険商品は保険であって、貯蓄ではありません。

 

今、保険に入っている方を少し不安にさせてしまったかもしれません。

今、保険に加入している人で責任準備金が知りたい場合は、生命保険会社に直接確認する、または、生命保険会社から届くお知らせに記載されていることがありますので、そちらをご確認ください。

今さら聞けない「円高、円安」前のページ

「忙しい」をやめて時間を作りだす次のページ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. 暮らしのマネー

    貯金だけで備えるには、毎月いくら貯金したら良い?

    人生の3大支出は、教育費・住宅費・老後資金ですが、この3つは並行して準…

  2. 暮らしのマネー

    国民年金の損得計算は意味ない?

    国民年金を何年受給したら、元が取れるか?と考える人がいます。…

  3. 暮らしのマネー

    医療保険は本当に必要?

    医療保険に入っていないと不安で不安で眠れない人は入った方が良いですが、…

  4. 暮らしのマネー

    生きるのに必要なお金はいくら?計算してみました

    2015年のデータを元にした記事がこちらですが、201…

  5. 暮らしのマネー

    【傷病手当】病気やケガで会社を休んでも無収入にならない

    こんなテレビCMがあります。子どもを連れた女性が「あなた!」と慌て…

  6. 暮らしのマネー

    キャリアのアドレスを残して、通信費を抑える方法

    格安スマホを使って通信費を抑えたいと思っても、格安スマホの…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 政治・経済

    今さら聞けない「日経平均株価」
  2. 政治・経済

    知っているつもりが一番損をする
  3. Other

    ブログを書くためのWordPressハイクオリティテーマ
  4. 考えていること

    お金のモヤモヤをスッキリさせる3ステップ
  5. 確定拠出年金

    【イデコ】40歳会社員女性「積立額は550万円?」iDecoシミュレーション
PAGE TOP