お金のハナシ

お金の錯覚「1,000円の価値は一定ではない?」

1,000円は1,000円で、いつでも同じ、誰でも同じ価値のように感じますが・・・

実は「お金の価値は一定」は、幻想です。

本当に価値は一定ではない?

あなたに質問です。

Q1.バーゲンの季節になりました。

ファッション誌でチェックしていたスカートが
7,000円で売っていました。

支払いをしようとすると、友達が来て
「徒歩10分のあそこの百貨店では
6,000円になってるよ」と教えてくれました。

あなたは、百貨店に移動しますか?

Q2.バーゲンの季節になりました。

前から欲しいと思っていたバッグが、
127,000円で売っていました。

支払いをしようとすると、友達が来て
「徒歩10分のあのお店では126,000円だよ」と
教えてくれました。

あなたは、お店を移動しますか?

bag_400
※写真はイメージです

多くの人は、
Q1のスカートの場合は「Yes」ですが、
Q2のバッグの場合は「No」です。

どちらも徒歩10分移動することで、
1,000円お得になるのは同じなのに、
答えがわかれます^^

これは、「お金の価値は一定」は
幻想だということを表しています。

金額が大きくなればなるほど、
端数の千円が軽く見られています。

ちょっと話はそれますが・・・
「徒歩10分のあのお店では~~」と
教えてくれる友達、ありがたいですね(笑)

お金に色をつけている?

スクラッチで当たった5,000円と、
時給1,000円のアルバイトで
5時間働いたお金は、
わたしたちの中で同じではありません。

スクラッチの5,000円は
すぐに使ってしまいますが、

アルバイトの5,000円は
大事に使おうとします。

同じ5,000円なのに、
お金に色をつけているのですよね。

矛盾した行動

お金に色をつけることは
悪いことではありませんが・・・^^

お金のことになると、とても慎重に
冷静に、合理的に判断しているように見えて、

実は、矛盾した行動を
取っていることがあるというお話でした。

~*~*~*~*~*~*~
マネーセンスをアップさせる
メールレター

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. お金のハナシ

    投資と投機(ギャンブル)はどう違うの?

    年末ジャンボが発売中ですね。クリスマスには有馬記念(競馬)もあ…

  2. お金のハナシ

    大人もお金の知識アップのきっかけになる『マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門』

    子どもだけでなく、これからお金の勉強をしていきたい大人、子どもにお金の…

  3. お金のハナシ

    お金の教育を受けていたらお金持ちになっていたのか?

    わたしたちは、学校でお金の教育を受けていません。とわたしも時々…

  4. お金のハナシ

    ネガティブは宝

    難しそうにみえるメンドクサイわかりにくいこれらの共通点…

  5. お金のハナシ

    お金の勉強をしてこなかったあなたへ

    お金の勉強の仕方は、セミナーに参加したり、本を読んだり、ネットで検…

  6. お金のハナシ

    お金の不安の正体

    「この先、いくらかかるのか、わからない」これがお金の不安の正体です。…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 老後資金・老後生活

    老後最低限の生活費「赤字にならない?」
  2. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】50代パートで働く主婦~iDeCo(イデコ)ケース別編~
  3. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】「無料じゃないの?」これだけかかる手数料~iDeCo(イデコ)基…
  4. 考えていること

    自分の人生は自分の足でしか歩めない
  5. 暮らしのマネー

    【配偶者控除】働き損を避けてお得に働く「150万円の壁」
PAGE TOP