お金のハナシ

幸せを感じられる生きたお金の使い方は3つある

今日のテーマは、お金の使い方です。

お金の稼ぎ方やお金を増やす方法は、たくさんありますが、使い方についてはどうでしょうか?

お金の使い方を「教えてもらったことがある」という人は少ないと思います。

 

言われれば「そうだよね」と思うことも、日々はっきりと意識しているかどうかはまた別ですよね。

自己投資のつもりが無駄遣いにならないように、幸せを感じられるお金の使い方を知っていただければと思います。

大金を手にしても幸せとは限らない

宝くじで大金を当てた人が、全員幸せなお金持ちになれるとは限りません。

大金を手にしたはずなのに、破滅していく人がいます。

有名スポーツ選手などがいますね。

それは、その人にとって正しいお金の使い方を知らないからです。

 

わたしが子どもの頃の話ですが、徒歩数分の近所の家の人が、宝くじで大金を当てました。

が・・・その後、お金がなくなり家族で夜逃げをしたと、聞きました。

たくさんお金を手にしたのに、そんなことがあるのかと、子どもながらに驚いたことを覚えています。

 

生きたお金の使い方

生きたお金の使い方はこの3つです。

1.投資をする
2.経験に使う
3.大事な人の笑顔のために使う

一つずつ見ていきますね。

1.投資をする

自分に投資をする、株や債券に投資をする、何でもかまいませんが、

ポイントはあなたにとって投資になることにお金を使うことです。

「投資」を知るためには、「消費」「浪費」も一緒に覚えてくださいね^^

投資 価値>使ったお金
消費 価値=使ったお金
浪費 価値<使ったお金

使ったお金以上の価値が生み出せるのが投資です。

 

2.経験に使う

言い換えると、「経験を買う」ということです。

経験からの学びは、値段がつけられないほどの価値がありますよね。

今の自分があるのは、過去にあの素晴らしい経験があったからだと思ったことはありませんか?

あなたの人生を心から豊かにしてくれるのは、高級なブランド品や宝石ではない、はず。

 

3.大事な人の笑顔のために使う

投資や経験のために自分にお金を使い成長することも大切ですが、家族やパートナー、いつもお世話になっているあの人のためにお金を使うことも大事なことです。

それは大きな金額でなくてかまいません。

500円のミニブーケやケーキ、あの人の好きなお菓子の贈り物、相手の方がお返しに気を遣わないくらいの金額で、笑顔になってくれそうなプレゼントをしましょう。

日頃の感謝のキモチをこめて・・・

 

キモチはカタチ。

相手に見えるようにして、表せるといいですね。

あなたは今日、誰の笑顔のためにお金を使いますか?

 

お金の使い方を変えると

どんな風にお金を使うのも自由ですが、「ワタシが旅行に行きたい」「ワタシがブランドバッグがほしい」「ワタシが○○したい」と自分ばかりの人もいますよね。

そういう人は、口では(ブログでは)「豊か~」を連呼しますが、実際のところはどうでしょうか??

ぎすぎす感があったり、ブレブレ感があったり。

 

個人的に欲しいものを買うことがダメということではないですが、お金の使い方を変えると得られるもの、自分に入ってくるものが変わるので、その先の行動も変わります。

お金を使っているわりには心が満たされない・・・と思っている人がいたら、使い方を変えてみてくださいね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. お金のハナシ

    「貯蓄から投資へ」の本当の意味を考える

    結論から言うと、金融商品に投資できる環境なら、投資はした方が良…

  2. お金のハナシ

    ネガティブは宝

    難しそうにみえるメンドクサイわかりにくいこれらの共通点…

  3. お金のハナシ

    お金の錯覚「1,000円の価値は一定ではない?」

    1,000円は1,000円で、いつでも同じ、誰でも同じ価値のように感じ…

  4. お金のハナシ

    「お金に愛される?」お金は紙切れなのに、愛されようとする矛盾

    お金(お札)は紙切れなのに、よく「お金に愛される自分になろう」…

  5. お金のハナシ

    起業女子に役立つお金 -補助金・助成金-

    起業時は何かとお金がかかりますが、借りたら返さないといけませんし、…

  6. お金のハナシ

    お金の勉強をしてこなかったあなたへ~もう一つの勉強法~

    「お金の勉強してこなかったあなたへ」の番外編です。本編はこちら…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 暮らしのマネー

    生きるのに必要なお金はいくら?計算してみました
  2. 暮らしのマネー

    家計簿でマネーコントロール
  3. 暮らしのマネー

    キャリアのアドレスを残して、通信費を抑える方法
  4. 投資・資産運用

    投資信託はアリだけど、そのメリットはデメリットでもある
  5. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】30代・40代働く独身女性「加入すると年金はどうなる?」
PAGE TOP