確定拠出年金

【イデコ】40歳会社員女性「積立額は550万円?」iDecoシミュレーション

最近は、テレビCMでも見かけるようになり、
本屋さんにも「イデコ」の本も並んでいるので、
気になった人は調べ始めています。

と言っても、あのCMでは、
全然何も伝わらないと思いますが・・・(笑)

老後将来のために何となく
「始めた方が良さそう」と思っても、
具体的に数字が見えないと
資料請求をするところまでいかないと思います。

このブログでは、年収400万円の
働く40歳女性が加入したらどうなるのか

・最大限度額2万3,000円
・月額2万0,000円

2パターンをシミュレーションします。

<このブログを読むために抑えておきたいこと>
 
◆メリット
メリット1 所得税、住民税が減る
メリット2 運用中に得られる運用益が非課税
メリット3 受け取るときに税制の優遇がある

 
メリットを詳しく知りたい方は、
こちらのブログの「どんなメリットがあるの?」を
お読みください。
 
◆掛け金の拠出はいつまで?
60歳になるまで
※60歳になると加入資格を失う
※加入資格を失うと受け取りが可能

月額2万3,000円積み立てた場合

会社で「企業型確定拠出年金」に加入していない
40歳の女性がイデコを始めたケースを見てみましょう。

60歳になるまで加入できますので、
40歳~59歳の20年間加入した場合で
考えていきます。

<拠出できる金額>
 
→月額最大 2万3,000円
→年間最大 27万6,000円
→20年最大552万0,000円
 
※最大なので、例えば10,000円から
スタートしてもOKです

552万円を運用することになります。

メリット1 節税シミュレーション

年収400万円
→年間最大 5万5,000円
→20年最大 110万0,000円

※概算です

110万円の節税!

メリット2 運用益

金融商品の運用状況によります。

メリット3 受け取るとき

受け取るときの税制優遇は、
非課税枠があることです。

「退職所得控除」の枠なので、
退職金がある会社の場合は、
その分引いてください。

<非課税枠のカンタン計算>
・加入期間20年
40万円×20年=800万円

非課税枠は、800万円です。

20年間の最大拠出金額は552万円ですので、
このお金を運用して800万円までは
非課税で受け取ることができます。

月額2万0,000円積み立てた場合

<拠出する金額>
 
→月額 2万0,000円
→年間 24万0,000円
→20年480万0,000円
 

480万円を運用することになります。

メリット1 節税シミュレーション

年収400万円
→年間最大 4万8,000円
→20年最大 96万0,000円

※概算です

96万円の節税!

メリット2 運用益

金融商品の運用状況によります。

メリット3 受け取るとき

積み立てる(拠出)金額に関係なく、
これは共通しています。

<非課税枠のカンタン計算>
・加入期間20年
40万円×20年=800万円

非課税枠は、800万円です。

まとめ

確定拠出年金は老後将来のための制度ですが、
ウン千万円必要と言われている老後のことを
考えると、意外に少ないと思われると思います。

所得税と住民税の節税効果が
110万円(96万円)プラスアルファと大きいので、

・節税分を貯めておく
・節税分を別の方法で運用する

といったことをしておくと、
さらにお金を増やすことができます。

女性を対象に個別でマネーセッションをしています。


お気軽にご相談ください^^

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. 確定拠出年金

    【イデコ】50歳以上の女性はメリットがない?始めた方がいいのはこういう女性

    主婦向けの昼間のテレビ番組で、イデコが紹介されていました。…

  2. 確定拠出年金

    【イデコ】40歳パート主婦「積立額は550万円?」iDecoシミュレーション

    このブログをお読みいただいているということは、イデコに興味がある女…

  3. 確定拠出年金

    イデコってめんどくさいと思っているあなたへ

    「節税効果がある」「自分年金が作れる」とは言っても、どこの銀行にし…

  4. 確定拠出年金

    わからない→わかる!確定拠出型年金を賢く運用する

    2017年1月から個人型確定拠出年金が「iDeCo(イデコ)」とい…

メルマガ登録

Twitter でフォロー

  1. 保険

    保険のオーダーメイドと保険見直しの落とし穴
  2. 老後資金・老後生活

    わかる!国民年金(老齢基礎年金)の計算方法
  3. 政治・経済のこと

    「老後のためにお金を増やす」と「年金財政健全化」の共通点
  4. 政治・経済のこと

    今さら聞けない「円高、円安」
  5. 主婦のお金・時間のこと

    主婦のストレス「夫・子ども問題」から解放されたくありませんか?
PAGE TOP