暮らしのマネー

死ぬまでに必要なお金はいくら?

これから死ぬまでにかかるお金は
一体いくらなのか?

老後だけでなく、
今から → 死ぬまでの
生活費を計算してみました。

「死ぬまで」という表現に
何だか少々抵抗があります・・・

なので、ところどころ
ハッピーエンドまで、
という表現にします。

^^

データの出典 総務省統計局
家計調査年報(家計収支編)平成27年(2015年)家計の概況
対象 全国約9千世帯の方々

生活費はいくらかかる?

総務省統計局のデータを元に、
月間の家計消費の平均の表を
作成しました。

capture_001

二人以上世帯の月間生活費は、
287,374円

二人以上世帯の年間生活費は、
287,374円×12ヶ月=3,448,488円

単身世帯の月間生活費は、
160,056円

単身世帯の年間生活費は、
160,056円×12ヶ月=1,920,672円

二人以上世帯、単身世帯の
1年間の生活費が計算できました。

死ぬまでにかかるお金はいくら?

1年間の生活費の計算ができたので、
次は、ハッピーエンド(死ぬ)までにかかる
お金の計算です。

パターンは、2つ。

1.二人以上世帯
2.単身世帯

です。

1.二人以上世帯の方

縦(列)
→あなたの現在の年齢

横(行)
→生きたい年齢

単位:万円
capture_002
(クリックで拡大します)

月間生活費287,374円で
暮らした場合に、
ハッピーエンド(死ぬ)までに
かかるお金の合計です。

あなたが現在40歳で、
85歳まで生きる場合、
約1億5,000万円必要になります。

あなたが現在50歳で、
85歳まで生きる場合、
約1億2,000万円必要になります。

※二人以上世帯の計算です

2.単身世帯の方

縦(列)
→あなたの現在の年齢

横(行)
→生きたい年齢

単位:万円
capture_003
(クリックで拡大します)

月間生活費160,056円で
暮らした場合に、
ハッピーエンド(死ぬ)までに
かかるお金の合計です。

あなたが現在40歳で、
85歳まで生きる場合、
約8,600万円必要になります。

あなたが現在50歳で、
85歳まで生きる場合、
約6,700万円必要になります。

※単身世帯の計算です

最後に

あくまでも平均値での計算ですが、
30代、40代から生涯かかる
お金の計算をすることは
あまりないと思いますので、

一つの目安になると思います。

現在収入があったり、
年金の支給を考えると、

まったくの0(ゼロ)から
この金額をつくらなくては
ならないわけではありませんが、

将来を見据えて、
今から運用や貯蓄の計画を立てることが
必要になってくるかもしれません^^

また、セミリタイアや
アーリーリタイヤを考えている方も

生活費の金額を参考にしていただき、
資金の準備の目安にして
いただければと思います。

 

2018年5月現在、最新データでの計算はこちらの記事で更新しました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

  1. 暮らしのマネー

    生きるのに必要なお金はいくら?計算してみました

    2015年のデータを元にした記事がこちらですが、201…

  2. 暮らしのマネー

    手取りが下がってしまう?「新106万円の壁」

    2016年10月~一部のパート主婦の方に社会保険料負担のライン、…

  3. 暮らしのマネー

    効果的に支出を抑える方法

    感情に左右されないで、継続的に支出を抑える効果が得られる方法が…

  4. 暮らしのマネー

    節約思考の罠

    支出を抑える方法は、・食費などの変動費を減らす・家賃などの…

  5. 暮らしのマネー

    賃貸vsマイホーム論争に決着

    すでに、素敵なマイホームにお住まいの方ではなく、「賃貸とマイホーム、ど…

  6. 暮らしのマネー

    貯金だけで備えるには、毎月いくら貯金したら良い?

    人生の3大支出は、教育費・住宅費・老後資金ですが、この3つは並行して準…

スポンサーリンク


Twitter でフォロー

  1. 考えていること

    自分の人生は自分の足でしか歩めない
  2. お金のハナシ

    「お金に愛される?」お金は紙切れなのに、愛されようとする矛盾
  3. 保険

    保険は貯蓄ではありません
  4. 確定拠出年金

    【確定拠出年金】女性にホントにお得?年収別メリット~iDeCo(イデコ)基礎編~…
  5. 暮らしのマネー

    効果的に支出を抑える方法
PAGE TOP